おひつじ座に月 が移行 何かを始めるのに最適と考えられる日

おひつじ座に月 スタートダッシュ チャレンジ

おひつじ座に月 が移行 何かを始めるのに最適と考えられる日

今日のお昼からスピード感あふれる空気が全体に広がり、今まで深く沈んだ感情や思考が陸に上がるような日になるかもしれません。




スポンサーリンク

おひつじ座に月



午後15時くらいから、月がおひつじ座に移りました。月は感情を表すかに座の支配星で、かに座とおひつじ座はスクエア関係にあるため、月の状態は、少し居心地よいとはいいがたいかもしれません。

ですが、物事に停滞感を覚えて、前に進みたいのにまるで夢の中で空を飛んでいるときのように、ふわふわした状態から目覚めて、しっかり前進できるような気持ちにシフトすることが可能な日ではないかと感じます。


ちょっと、ぴりりっとした空気を感じつつも、夏の暑さが加わりお祭りモード的なハイテンションになれる人もいるかもしれないですね^^


午前中まで キロン と コンジャンクション



キロン 癒し  医師



傷付いた精神を回復すると言われる星である、小惑星キロンは、うお座の29度付近に滞在しています。

うお座にしてはめずらしく思考が働く位置とも考えられています。といっても、うお座の人が知性を働かせない訳ではないですよ。
通常、うお座の太陽サインや、うお座のサインが強い人は、何らかの形で反対側のおとめ座影響もあり、知性が過剰に働く場合もあります。

うお座の良さを発揮するには、なるようになる「流れに身をまかせる」ように直感に従ったほうが、上手く周囲も自分も回るとも考えられるという人もいるのですけれども(;^ω^)。

…と、話がズレてしまいましたが、このキロン滞在しているうお座29度は、とても面白い感じでサビアン辞典で紹介されています。

キーワードの中に、「メタ知能」という言葉が使われていました。
メタ認知という言葉は、Googleで検索すると出てくるのですが、メタ知能は見つからなかったです。

メタとは、高次という意味もあるそうです。高次というのは、私たちの世界で当てはめてみると、「思考を思考する」的な、より高い視点で物事を考えるという意味になるようです。

スピリチュアルな高次のお話しとは、ちょっと違うような気もします。おおまかに考えると、同じなのでしょうけれども(;^ω^)。


で、キロンという傷を癒すという星が滞在中ということで、どんなことが考えられるか?うーーーーん。分析してみても、頭が働かない。けれど、なんとか考えてみたいと思います。



高次の存在




高次的な発想をするために、様々な経験に対して、自分で受け入れる。

そのことによってより高い視点で物事を客観的に見つめれるようになるのか。
もしくは、高次的な視点のために、起こった出来事について、精神的回復をするという意味なのか…。

キロンという星の解釈は、人それぞれ違うため、なんとも言い難いのですけれど、最終的に高次の視点を習得できる期間や、チャンスが訪れるような時期と星が示してくれているのかもしれないですね^^


そこに一瞬月が滞在したことは、ある深みを自分の中で消化することができるような何かに遭遇することになりやすかった。

もしくは、よく分からないなりに、深い思考にハマるけれど、なんらかの形で解決する方法を見つけ、それすらも忘れることになりそうなおひつじ座のイケイケなエネルギーに突入する午後を迎えることになった。

なんて、感じを多くの人が無意識、意識的に味わう日だったのかもしれません。

よく分からないけれど、モヤモヤっとした霧によって視界が狭く感じていた数日間から、現実に呼び戻され、今までの数日間の記憶すらなかったかのように、なんだかやる気が戻ってきた。

そういう感じの星回りかもしれないですね^^


おひつじ座はサインの中でトップバッター



おひつじ座 羊



ここで終わりそうになりました(;^ω^)。

そうそう、なぜ「おひつじ座月 の日が、何かを始めるのに最適な日」となるか。

それについて、たくさんの方が記事にしているかと思うのですが、改めて私も書いてみようと思います。


おひつじ座は12サインの中でトップバッターです。

おひつじ座の性質、1ハウスと関連が高いということ…などから、スタート地点と考えることができます。

火のエレメントという性質、火星が支配星ということから、スピード感を連想できます。


深層心理の世界に潜って陸に上がるというニュアンスのストーリーが1ハウスがあると書きました。ちょっと確認したところ、深層心理でなく集合意識と書いていましたし、陸とは書いていませんでしたけれど汗

こちらです。
1ハウス は自分とは何者なのか がテーマとなる場所


赤ちゃんは、チャレンジャーであり開拓者



1ハウスやおひつじ座のイメージは、人でいうところの赤ん坊です。

赤ちゃんは、大人と違って動きはスローですが、この世に生を受けるという一大イベントをわずか1日ほどで達成します。もちろん、お母さんたちのがんばりで生まれてくるのですけれど…。


私たちが今、赤ちゃんと同じ体験を今するとなると、恐怖以外の何物でもありませんし、とうていできないでしょう。

そういう意味で考えるとなんの迷いもなくあの世からこの世に出現する赤ちゃんの精神状態は、私たちから考えるとチャレンジ精神のかたまりであり、自由であり、凄いスタートの切り方であり、スピード感をもった存在だと…個人的に思います(;^ω^)。


こういうところから、人でいう赤ちゃん時期に当たるおひつじ座は、開拓者で、スタートというキーワードが当てはまると考えられます。


ということで、おひつじ座のエネルギーを月が運んでくれる、この日は何かを始めるのに最適と考えれる日だと思います。


個人的コメント



シバジョーさんにちょっと褒めてもらえて、おぉ…(有頂天…)となりそうでしたが、これが精いっぱいです。

いつかシバジョーさんに星座関連のストーリーとか書いてもらいたいです。(*'ω'*)…と、厚かましくリクエスト…すみません。

言ってみただけです(;^ω^)コメント、嬉しかったです🌸


bokutuさん、コメントいつも読んでます。嬉しいです(*´ω`)♬

今日もタイヤに空気入れていません。そして、bokutuさんをふと思い出しました(;^ω^)。

サラリーマン福田さん、いつもありがとうございます。メッセージのコメント、もしかすると日本語おかしかったかもしれない…と、あとで反省しています。


ポク太郎お兄さん…と私の方が年上だったら、すみません。
なんとか、アドバイスで立ち直りました。
本当に感謝してます(´;ω;`)

応援下さる方、サイトにお越しくださる方たち、いつも本当に感謝してます。励みになってます!




ではでは…


応援してくれると励みになります *^^*
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント